最近の娘の迷言

おねえちゃん(娘にとってのおばさん)の誕生日に、
手作りのカードを贈ろうということになり、
アイドルになったおねえちゃんの絵を描くことになった。

華やかなスカートが描きたいということで、
ヘタな私なりに、下図のような2種類のスカートを描いてみせた。(再現)

左は、ふっくらとしたギャザータイプ。
右は、さらりとしたフレアータイプ。
・・・のつもり。

(ヘタですみませーん^^;)

娘としては左側を希望していたらしいのだが、
つい右側を描いてしまったらしい。

そして、ひとこと。


「○○ちゃんは、エンガレントがかきたいわけじゃないの〜!」


言い間違い&覚え間違い以上に、
なんだか笑える語感なのであった。


というエントリをいま本人の目の前で書いているのだけれど、
本人、追加していわく、「われながら名言」。

さいですか。



最近の娘の名言/おまけ (楽天編)

先日、TATA-STYLE楽天関係の記事を書いたら、
アクセス数がアップして、
参加しているランキングの中で人気記事にランクインした。
私が驚いたり首をかしげたりしていると、
娘は一等にひと喜びしたあと、
「迷惑している人、いっぱいいるんじゃないの?」
とコメント。

で、こうもつけくわえた。
「当の会社はわかってるのかな?」

そうなんだよねぇ〜

そこが問題なんだよねぇ〜

まあ、一応、楽天会員を退会するときに
理由は書いておいたんだけど。

どうだろうねぇ。


最近の娘の名言/その2 (疑問編)

娘がふいに、こんなことをきいてきた。

「何か疑問に思うことがあったときに、
それをだれかといっしょに考えると、
はやくわかるの?」

私はこの問いに答えるかわりに、
それを思いついたことそのものがすごいと思うよ、
と答えたのだった。


最近の娘の名言/その1 (免疫編)

先日、高熱&腹痛で、3日間学校をお休みした娘。
熱を出したり、痛みがあるときには、
よく、免疫の話をしている。

いま、○○ちゃんの身体の中で、
免疫がいっしょうけんめいはたらいて、
ばい菌と戦っているんだよ・・・というふうに。

それが免疫学的に正しい説明であるかどうかは
さっぱりわからないけれど、
熱も痛みも無意味ではないということ、
治るのにはある程度の時間がかかるということ、
身体の中でがんばっている“はたらき”があるということ、
戦うのはお薬(だけ)ではないということ、
というふうに私は認識していて、
その認識は大きくははずれていないと感じているので、
そのことを娘に伝えたいと思い、
免疫という言葉を借りて話をしているのだった。

ついでにウィルスと細菌の違いの話など。
こういう話に、うちの娘はとても興味を示す。

ところが、娘はその先をいく。

体調がもどってきたときに、
「免疫へとへとだね〜」なんてことを言ってきて、
「免疫の免疫ってあるの?」ときいてくるのだ。

娘が言うには、
免疫が戦ってへとへとだから、
その免疫を回復させるはたらきはあるのか?
という質問だったのだと思う。

すでにこのあたりで、
私の底が薄い中途半端な知識は、
対応不可能となるのだった。

あーあ。

(でも、「この子、私の子だわ・・・」と思う質問でもあった。
 そんなつもりはなくても、私の思考傾向が日々もれ出ていて、
 それが影響をあたえているのだろうか。)


娘が考えた未来のサイト(2)/ステキ大人学校

娘の“未来のサイト遊び”はさらに続いた。
今度は「ステキ大人学校」というものらしい。

     *     *     *

自分が考えた未来のサイト(つづき)

ステキ大人学校

(やり方)

 〆个鬚箸Δ蹐する(20才い上ならできる。20才い下のときは
  ステキ学校のサイトとうろくする。6才い下の時は、ステキ
  幼稚園のサイトにとうろくする。)

◆.汽ぅ汎發任虜个魴茲瓩襦(18才い下まで)

 かおや、性格などを、決めたら、制服を決める。

ぁ\服のスカートの長さを決める。

ァ.丱奪や、ノートなどの小物も自分でデザインする。


(サイト内での生活)

 ,部屋のがらを決める。
  お部屋のがらを決めて次からは、そのお部屋でつづく
  (かえてもOK)

◆\服を着て学校に行く。
  ネット内学校にも遅刻があって速く行かないと先生に
  おこられることもある。

 生徒と仲良しになる。
  ネット内学校は先生も町の人も本当にいる人じゃない
  けど生徒だけは、本当にいる人で、しかも!!全国だから
  日本の人は、もちろん外国の人だっている!

ぁ(拔もする。
  教科は、国語、算数、理科、化学、社会があって、
  どれも本格的でとってもたのしくてしかもオリジナルの
  教科のてつがく科、オシャレ科、モンスタードラゴン科
  がある。

ァ”活をやろう。
  ネット内学校にも部活があって、いつも楽しい部活活動
  を、やっていて部活には、こんな物があり、スケート部、
  バスケ部、ラクロス部、ドッチボール部、サッカー部、
  野球部、チアリーダ部、(応援できるのはサッカー部か
  野球部のどちらか1部)オシャレ部オシャレモンスター部。

Α”活の紹介
  さっきの部活でやり方がわかりにく物をくわしくイラストで
  説明する。

 .シャレ部&オシャレモンスター部
  オシャレモンスター部は、まず、モンスターやドラゴンを作る。
  あとは、オシャレ部とおなじで洋服を作ったり着たりするけど
  こっちは、モンスターということなので男子も多い。

  

А_萍未慮方。
  イメージとして画面の見方もイラストで書いてみた。

  


とっても楽しい(架空だけど・・・)

       *       *       *

い痢屬癲廚縫Ε韻浸筺



娘が考えた未来のサイト(1)

そして今度は、「未来のサイトづくり」という遊びに発展した。


 


娘に、この遊びに発展した理由をきいてみたのだけれど、
「ちょっかんで」という返事。
まあ、もともと、未来を考えるのは好きな子だし・・・
というか、子どもってみんな好きかな?

あるいは、部屋のお片づけ計画は、
「こうなったらいい」という、
ある意味で未来に思いを馳せる作業なので、
結果的にそれが“未来”につながったのかもしれない。

しかし、何がどう未来なのかはよくわからない。
未来というより、わたしのつくるサイト、ということかな?

ちなみに裏面はこんな感じ↓


  


この遊びをやる娘に、
つきあうともなくつきあっている私が思うことは、
こういうときには漢字を書きたがるのねぇ、ということ。
漢字の宿題は苦行なのに。
習っていない字も、書ける範囲で書こうとする。
漢字が多いほうがサマになるからかな?
やっぱり、やらされるとやるのとでは違うのね。

でも、私が教えるのがめんどくさいときには、
「ひらがなでいいよ〜」とかわしているのであった。(^^;

それにしても、サイトの構築なんてことを考えていたことに、
ちょっとびっくりした。

(つづく)


間取り図から、未来予想図?

というわけで、間取り図を使った最初の遊びは、
当初の私の目的と同じく、
お部屋の現状分析とお片づけ計画だったのだけれど、
そのうちに、なぜだか「未来のインターネット(予想)」になっていく。

で、最初は、インターネットというより、
スマートホンや携帯電話で何ができるようになるか、
という話だったらしい。
どうして親も使っていないスマートフォンを知っているかというと、
これもテレビCMで知ったのだろう。

未来はこんなサイズになるらしい。(画像も実寸大)
ちっちゃ〜! 1センチ四方なんですけど〜〜
首にかけられて、オシャレゲームが付いているらしい。


 


で、その下のモクモクしている絵は何かというと、
これはあれですね、たぶん私が未来への希望か何かを聞かれて、
五右衛門風呂のことを答えたんですね。

それはいいとして、なぜけむりでパソコンでできるのだ??
たぶん私が、「でも、けむりが出るからねぇ」と言ったので、
そのけむりを、ママの好きなものに変えてくれようとしたらしい。
けむりがパソコンの電池の役目を果たすそう。

その下は小型パソコン。実さいの15分の1の縮図であるらしい。
この記事をアップするにあたり、実際のサイズを計算してあげたら、
思ったより大きかったらしく、
「そんなつもりじゃなかった〜〜」とくやしがっていた。

「悩み相談機能つき」の文字も見える。
これも私がそういう話をしたんですね、きっと。

世の中にはコンシェルジュ機能付き携帯電話というものも
あるらしいよ〜〜と言って、検索して画像を見せてあげた。
ついでに料金表も見せてあげた。
娘いわく、「え、携帯ってお金かかるの?」

タダだと思ってたんかい!?
(いや、こんなにはかかりませんが・・・^^;)


(つづく)



部屋の間取り図から意外な展開

きのう、いったん
「娘が考えた未来のサイト(1)」という記事をアップしたのだけれど、
よくよく眺めてみたら・・・というか眺めているうちに、
そういえばその前段階があったことを思い出したので、
そこから書くことにした。

そもそもの話の発端は、
私が部屋の間取り図をかき起こしたことだった。>
お部屋のお片づけ計画に役立てるため。

その作業がとても面白そうに見えたらしく、
私もやる〜と言うので、
縮尺の割合を決めるためにプリントアウトした紙を
娘にも1枚渡したのだ。

そうしたら、こういうことになった。
  ↓

 


で、いちばんはじめは、たぶん、
右下のセクションに書き込みをしていたのだと思う。


 


耳が痛い・・・というか目が痛い。

下のほうに、「○○理想」の文字が見える。
○○には娘の名前が入っている(画面では削除)。

「テレビが3Dの4げん色」とか
「ガスコンロがオール電化」とか、
このあたりはテレビCMの影響だろう。

そこはいいとしても、
ベランダの「よごれていない」とか、
お風呂場の前の「タオルが少なくならない」とかは、
私の怠慢によるものだし、
流し台の「水がたまらない」は、
もともとの調理台に問題があるとはいえ、
私の努力でなんとかできること。

それから、トイレの
「トイレットペーパーがすぐになくならない」というのは、
時々遊びに来る姉から、
「このうち、トイレットペーパーの消費量が多い、
このあいだあんなにあったのに・・・」
と指摘されたことをうけてのことだと思う。
実際、使いすぎなのだと思う。私が。

あと、本棚のところに、
「自分でも分かる本があるといい」と書いてあるのも面白かった。
娘の本も置いているのだが、ここにはおもに私の本を置いているので、
「自分の本ではなくて、自分にも分かる本があるといい」
という意味なのだと思う。

というわけで、娘にとってもはじめは、
「お片づけ計画」のための書き込みだったのだ。


(つづく)


自作まんが「サイエンスプリキュア」第2話

     サイエンスプリキュア2


〔ストーリー〕

  ある日 てきはやってきた
  ネコ形のてきニャーゴ


  ミカ 「ニャーゴがあばれている なんとかしなきゃ」

  リカ 「たたかえそうなものをもってきたよ」

  ミカ 「ネコは動きが速いから かがみで日光をはんしゃさせよう」

  リカ 「でも太陽がどこかわからないよ」

  ミカ 「だいじょうぶ 太陽のばしょはこの本に書いてあるよ」

  ミカ 「いまの時間はこれだから ここだよ さあはんしゃこうげき」

  リカ 「よし めくらましせいこう つぎはこうげきだね」

  ミカ 「よし ソーラーパネルでこうげきだよ」

  2人 「サンエネルギーボルト!!」

 
  こうして今日も平和になった
  今日も町は動きつづける


〔こぼればなし〕

私「あ、しまった、紙の右端折れてる。もう一度スキャンする?」
娘「(スキャンしなくて)いいよ。リアルでいいじゃん。」
 


自作まんが「サイエンスプリキュア」

       サイエンスプリキュア


台詞読めねーー  というわけで、書き起こし。


〔ストーリー〕

  ある日 てきはやってきた

  動物形のてき 月のわぐま

 
  ミカ 「月のわぐまがあばれてる」
  リカ 「どうにかしなきゃ」

  リカ 「だめだよ 大ごえでちかづけないよ」
  
  ミカ 「そうだ! くまは冬みんをするから
     いっぱい食べさせて さむくすればいいよ」

  リカ 「よーし いっぱい食べさせるぞ」

  ミカ 「よし いっぱい食べさせた」

  ミカ 「よし つぎはエアコンやふうりん せんぷうきをつかおう」

  リカ 「よし! ねたよ つぎは」

  ミカ 「よし つぎはひっさつわざ。
      月のわぐまなんだから 月のわをねらうよ」

  2人 「アルコールランプファイヤー」

    
  こうして平和になった

  きょうも町はうごきつづける


〔こぼればなし〕

  このマンガ執筆において、私が受けた質問
             ↓
  「しょうかいの“しょう”の左側って?」


  漢字の宿題、あんなにきらいなのに、
  こういうときは熱心だ。 


<< | 2/6PAGES | >>