<< 麻雀ゲームで役のデータをざっくりとってみて、思ったこと | main |
再び麻雀のデータをとりながら「あれ?」と思ったこと

再び麻雀ゲームで役の出現率のデータをとってみたのだが、
なんかこの考え方おかしいんじゃないか…と疑問に思えてきた。
(出やすい役をねらって和了率をあげてみるという自分の考え方)

もともと、ネットで出現率を調べているときに、
和了数に対する出現率なのか、
対局数に対する出現率なのかわからなかったのだが、
数値から考えて和了数に対する割合だろうと判断して、
自分も和了率に対する割合を出した。

それはいいのだけれど、
ある役をねらえばその役の出現率が高くなるのは
あたりまえなのではなかろうか。
そして、出やすい役をねらうことで、
和了率はアップするのだろうか。

ひとまず、出現率がどうかわったのかを見てみる。
(なお、前回も今回も出現しなかったものは省略)

立直     45.2% → 46.0%
一発      9.6% → 9.6%
門前清自摸和 19.6% → 16.8%
翻牌     39.6% → 42.8%
タンヤオ    8.8% → 14.8%
平和     14.8% → 12.8%
一盃口     4.4% → 2.0%
海底摸月    0.8% → なし
河底撈魚    0.4% → 1.2%
ダブル立直   0.4% → 0.4%
三色同順    2.0% → 2.0%
(三連刻    0.4% → 0.4%)
三暗刻     0.4% → 1.2%
一気通貫    1.6% → なし
七対子     1.2% → 2.4%
対々和    16.0% → 14.8%
チャンタ    6.4% → 5.6%
ジュンチャン  2.0% → 2.0%
混一色     8.4% → 6.0%
混老頭     0.4% → なし
清一色     4.0% → 1.6%

翻牌とタンヤオの出現率が上がったのは、
そうしようとしたので当然という気がする。

また、できるだけ鳴かないことを心がけたけれど、
翻牌であがれそうならそれを目指したので、
結果的に門前がさがっているのかもしれない。

平和が減っているのは意外だった。
いわゆるメンタンピンを心がけたつもりだったのだけれど。

では、和了率はどうだろうか。

21.3% → 21.7%。

0.4%アップしているが、
これはアップしたといえるんだろうか?

順位は前回よりは全体的にいい感じだった。
そして、平均スコアなるものが−7.5から−3.1に。
がしかし悲しいかな、これが何を示しているのか、
検索をしてもわからず。

とにかく、麻雀は無作為にやるものではないので、
出現率の考え方が難しいなぁ…と思うことであった。

それはそうと奥さん!!

今回、四連刻なるものであがったんですの!!

自分では何が起きたのかわからなかったのだけれど、
そういう役(ローカル役?)があるらしく、
親だったからか、48000点いただいたんですの!!
すかさずスクショとったんですの!!

というわけで、ハハの麻雀ライフは
とうぶん続きそうなのであった。
 

 2017.11.26 Sunday 11:51 娯楽 permalink