<< この夏のわが家の娯楽/将棋・麻雀・囲碁ゲーム | main | 日本史上の重要人物30名をあげてみよと言われたら >>
歴史に関するハハの弱点
誠にお恥ずかしながら、私は歴史に大変疎い。
謙遜なく半端なく疎い。

ここに書けないくらい衝撃的なエピソードもあるのだが
書けないレベルなので書けない。

書けるレベルとしては、
かつて「ちゃちゃ」と「ねね」の
どっちがどっちかわからないという
できごとがあった。↓
「ちゃちゃ」「ねね」「春日局」

これが “書けるレベル” なのだから、
どれくらいの疎さなのか伝わることと思う。

その後も状況は変化しておらず。

疎くてものすごく困ることはないけれど、
さすがにまずいと思うことはある。

幸い、身近にいる娘が割と歴史好きなので、
機会があれば手をさしのべてもらっている。

で、最近、ちょっとした機会があり、
うちにある歴史マンガを久しぶりにのぞいているのだが、
私が歴史に疎くなるひとつの弱点を
再確認する思いだった。

「ちゃちゃ」と「ねね」の件からもわかるように、
人名を覚えるのがとても苦手なのだ。

たとえば、光秀と三成のだいたいの区別はついているのに、
話をしていると名前がごちゃごちゃになってしまう。
ミツの音にひっぱられてしまう。

そんな、名前を覚えられないという弱点を再確認したのが
木曽義仲のマンガを読んでいたとき。

まず、「為義」「義賢」「義朝」がもうわからない。

しかしこれは「義朝」を「頼朝」につなげてクリア。
(この点については娘からの助言をもらった気がする)

それに「兼遠」「兼光」「兼平」が重なっていき、
「兼光」「兼平」の区別はあきらめる。

巴御前だけはわかりやすくてよかった。
ほらね、名前に特徴があると覚えやすいのよー。
そしてこのあと「頼政」「行家」と出てきて、もうお手上げ。

マンガで読みやすいはずなのに、
何度も前にもどらなくてはいけない。

ちなみに絵の描き分けで見分けるのも
あまり得意ではない。
だってみんな格好が似てるんだもの…。

さらに、そういう表面的(?)なことのみならず、
最後では、なんで命の恩人の斎藤実盛が
敵将になってんのよ!?
という謎にまで巻き込まれ
思考停止状態に陥るのだった。
(自分の読み間違いかどうかさえわからない)

そういえば話はとぶけど、
私にとって島津といえば斉彬。
なので、石田光成の本に島津義久が出てくると、
島津の名が出てきたとたん
幕末にワープしそうになる。

また、現在、大河ドラマはまったく見ていないけれど、
井伊といえば直弼なので、
その他の井伊さんが出てくると、
やっぱりワープしそうになる。

娘が歴史が好きなのは、
「人物」から入るからなのだけれど、
ハハの場合、その存在を
文字通り「名前」で識別しようとして
そこがおさえられないと
人物関係があいまいになるどころか、
歴史の流れが平気で数百年とぶという
事態に陥るのだった。嗚呼。
 2017.09.24 Sunday 13:31 歴史 permalink