<< 中1の娘と「かけ算の順序」で親子談義 | main | 学年末テストで自分で選択肢をつくるやつ >>
なぜか私は感染しなかった年末のウィルス性胃腸炎
昨年12月26日(金)の昼間、
食欲がなかった娘。

夕食は普通に食べたが、
しばらくして体調がわるくなり、
お風呂に入らずに眠ることになる。

翌朝、明け方4時くらい、
がばっ!と起きだして、派手に吐く。

最初のひと吐きは間に合わなかったが、
数日前に虫の知らせ(あるいは年末の不安感)で
布団の近くに洗面器を置いていたおかげで、
そのあとの吐き戻しは受け止められた。

ここまで派手にもどすと、はっきりして、
むしろ逆に落ち着く感じ。

翌日は、かかりつけ小児科の年内最後の診察日。

いざとなれば休日診療もあるだろうが、
通常診察日にいけるならそれにこしたことはなく、
まにあってよかった。

ウィルス性胃腸炎だろうとのことで、
吐き気止めや胃痛の薬、整腸剤が処方される。
対症療法しかないということは、すでに了解していた。

このあと私もうつることが十分に考えられたので、
先生に「でも、自宅療養しかないですよね…」とうかがってみると
「そうね、程度によるけどね」というお話だった。

小児科の帰りに、また少しもどして、
(手作り専用袋で受け止めたのでセーフ)
29日の明け方にまた気持ちわるくなったようだが、
吐くものがなくて吐き気止めを飲んだらおさまって、
たいたいそのくらいで症状は落ち着いた。

日曜日には少し元気が出てきて、
様子を見ながら水分補給、
月曜日の夜から、おすまし仕立ての豆腐や
おかゆを少し食べても大丈夫になり、
火曜日にはひきつづきおかゆ、
水曜日には油っぽくない普通の食事にして、
ほぼ通常通りとなる。

熱は、病院に行く前が37.4度くらい、
土曜日の夕方38.2度がいちばん高く、
日曜日には平熱になった。

そして結局、下痢はなかった。

そういうこともあるんだろうか?

さて、私。

うつるだろうと覚悟していた。

が、結果的に、うつらなかった。

年が明けたくらいの時期に
すこ〜しお腹がゆるくなったのが
症状といえば症状だったかもしれないけれど、
あれは別件だったような気もしている。

もちろん、でき得る限りの対応はした。

娘が着ていたパジャマや直近に使ったタオルは、
塩素系漂白剤の薄め液に浸したあと、
迷った末、破棄。

洗面器ももちろん念入りに消毒。

布団に少しついてしまったぶんは、
塩素系漂白剤の薄め液をつけた
ペーパータオルでぬぐいとった。

布団など直接洗えないものは
スチームアイロンのスチームをあてるといい、
という話をネットで読んで、試してみたり。

手もしょっちゅう洗ったし、マスクも着用、
頻度は少なかったけど一応換気はしたし、
いろんなものを少しずつ洗っていったし。

あと、娘が食事療法で回復を待つあいだ、
自分も(気分的に)あまり食べなかった。
先行して整腸剤も少し飲んだ。

だけど、たぶんうつるだろうと思っていた。

というのも、4年前の経験があったから。

あれは娘が小学校3年生のときだったと思う。
学校公開期間だったか、授業中に廊下にいたら
隣のクラスの子どもたちが、
静かに大移動を始めたことがあった。

授業中にだれかがもどしてしまったらしい。

担任の先生がエプロン等をつけて対応しているのが
扉越しに見えた。

もどしたと思われる子どもは、
養護の先生につれられて階段を下りていく。

そのあとを追う形で私も階段を下りて
帰路についたのだ。

たまたまそういうタイミングだったのだろうが、
何もあとを追うことはなかったんだよなぁ…

それから1日半か2日半たったころ、
急に便意をもよおし、けっこうな下痢になったのだ。
吐くことはなかったけど、胃もおかしかったし、
それなりにしんどかった。
(下痢だけだったからか、娘にはうつらなかった)

今回、娘は私の目の前で派手に吐いており、
その対応を私がしたわけなのだが、
うつらなかった。

あのときに感染して、
今回感染しなかった理由が
いまだによくわからない。

いや、うつらなくてよかったんだけど・・・

ノロウィルスの場合、
免疫は期待できませんよね?
(基本的な免疫力は意味があるだろうけれど)

覚悟して自分も養生していたのが功を奏したか?

4年前のことを思うと、
ノロってやっぱりこわいなぁと思うが、
今回のことで、もらうときはもらうし、
もらわないときにはもらわないのかもしれないなぁ、
と思うことであった。

ちなみにどちらの場合も、
ノロウィルスだったのかどうかはわからない。

冬場は心配性に輪がかかる私で、
なにもなくてもいつもうっすら不安なのだけれど、
もう、もらってくるときにはもらってくるものなのだ、
と腹を決めて、
そのときの対処を具体的に考えておいたほうが、
精神安定のためにはいいかもしれない。
 2015.01.09 Friday 17:14 健康 permalink