<< 運動会のあとの、日焼け騒動 | main | 斜視のその後 >>
「ちゃちゃ」「ねね」「春日局」

誠にお恥ずかしい話ながら、
私は「ちゃちゃ」と「ねね」の区別がつかない。

どうしてこう似た名前をつけたんだろう。
(え、似てない?)

茶々が正室というイメージをもってしまったらしい。

ほんでもって、
だいぶ前に娘が関係図を描いてくれたのだけど、
やっぱり覚えられない。

秀吉の子どもの「秀頼」と養子の「秀秋」の
「秀」がかぶるのは仕方ないとしても、
ちゃちゃの浅井家とねねの浅野家(養女)も、
「浅」がかぶってるし。

娘が「淀殿」と「北政所」の説明を
一生懸命してくれても、
今度は2段階でわからなくなるのだよ(涙)。

おまけに最近、どういうわけか、
春日局までごっちゃになってきた。


で。


そんな母に、娘が絵で描き分けてくれたのがコレ↓ 

〔2017年9月24日追記〕
諸事情により画像が消えてしまっております〜〜


ちなみに「ちゃちゃ」と「ねね」のひらがなは、
私が書き加えたもの。

これで私は覚えられるようになるでしょうか・・・?

とりあえずしばらくパソコンスペースのところに
貼っておこう。

ちなみに。

私の頭の中では、
忠臣蔵のメンバーと新選組のメンバーが
部分的に入れ替わりそうになる。

といってもほとんど知らないから、
たぶん、大石内蔵助が新選組に入ったり、
土方歳三が赤穂浪士になったりしてるんだと思う。

 2013.06.04 Tuesday 16:08 歴史 permalink