<< 【割合】 よろよろ・・・のち・・・すくっ | main | 【割合】 それはひみつです >>
【割合】 金魚の塩水浴
話はさかのぼるのだけれど、
割合のなんたるかがよくわかっていないころ、
娘に「金魚の塩水浴」の話をした。

これは実際に、わが家で飼っていた金魚が
転覆病のような症状になったときに試したこと()。

情報はたくさんあるようだけれど、
とりあえずこちらをリンク↓
http://www1.kcn.ne.jp/~puni/breeding/siokeisan.html

話の都合上、「2%」に設定した。
(実際は、これじゃ濃度高すぎますのでェ〜!)

で、娘に、
「金魚が調子わるいときに、
ある濃さの塩水に入れてあげると回復することがある、
そのちょうどよい濃さは、だれかが見つけてくれた」
というところから話を始めた。

そして、水槽の大きさがちがえば、
入れる塩の量がかわってくることを伝えた。

極端に小さい水槽も考えたので、
この水槽に大きな水槽と同じ量の塩を入れてしまうと
金魚の命に関わるということは
娘も納得したようだった。

そして、600gの場合について、
600×0.02=12g
12÷600=0.02
12÷0.02=600g
の式を確認。
(実際の話でいえば、塩を含む前の600gで
考えることになると思うので、
算数の問題としては微妙な問題をはらんでいるが…)

そのあと、消費税にもどって、次の問題を解いた。

■500円で、7%
■新しい税率 400円で20円とられた、何%?
■8%で16円もってかれた

「とられた」「もってかれた」という表現は
いかがなものかという問題はあるが(^^;
とにかくすべて式を立てて解くことができた。

  こういうふうに説明していると、
  割合の場合、「わり算」が先。
  のことを思い出すのであった。   
  塩水浴の濃度も、消費税率も、 
  私が見つけた(あるいは、設定した)
  ものではないから・・・

しかし、このときには式が立てられたとしても、
その後の経過からわかるように、
娘はこれで割合をマスターしたわけではない。
 2013.03.03 Sunday 14:36 算数・数学 permalink