<< 【割合】 母、首を傾げるの巻 | main | 【割合】 金魚の塩水浴 >>
【割合】 よろよろ・・・のち・・・すくっ
割合のレポートが追いつかない〜〜

娘は、意味はわからないらしいが、
解けるようになってしまった・・・

娘「先生がね、解くための図を教えてくれたの!」

私「もしやそれは・・・ くもわ?」

娘「そう!」

      
  ・・・・・  ・・・・・

娘「だけど私、なくても解けるから!
 どんな問題でも出して、
 どんなタイプでも解けるから・・・!」

私「・・・(よろよろ)・・・380円の5%引きの値段は?」

娘  5÷100=0.05
   380×0.05=19
   380−19=361(円)

私「・・・じゃあ、5%引きで912円だったときのもとの値段は?」

娘  912×0.05・・・

 
 ・・・・・すくっっ・・・・・



[立ち直った理由1]
「くもわ」をマスターしていなかったから

[立ち直った理由2]
まだ解けるようになっていなかったから

娘が解けないことを喜ぶ母は、
ひどい母でしょうか?

解けるようになってからわかることもあるけれど、
解けないって、実は、大事なことなんじゃなかろうか。

解けるようになってしまうと、
深く考えようとするモチベーションが
さがるのではないかと思うわけであり。

なお、「こういうの」と娘が書いてくれた図が
「く わ も」になっているのが面白かった。
これだと、
「割合×もとにする量=くらべられる量」
になる。

「くもわ」とはこういうの↓
http://ameblo.jp/harima-selmo/entry-11156299549.html
 2013.03.02 Saturday 13:39 算数・数学 permalink