<< 地動説が迫害されたわけ | main | 地球は丸いことと、大航海時代と日本の歴史 >>
地動説の流れと日本の歴史
というわけで、
ヨーロッパで「天動説→地動説」で
すったもんだやっていたとき、
日本ではどのようなことが起こったのかを
調べてみることにした。

まず、コペルニクス
『天体の回転について』が出された1543年。

日本では種子島に鉄砲が伝来したとのこと。

次に、ブルーノさんが捕縛された1592年。
文禄・慶長の役、豊臣秀吉の朝鮮出兵ですわよ。
なお火刑に処されたのは1600年で、
言わずと知れた関ヶ原の戦い

続いてケプラーの法則が発見された1619年は、
直江兼続が亡くなった年・・・
(赤字にしなくてゴメンナサイ>兼続さん)
将軍はだれの頃だ?>徳川将軍一覧
秀忠です。

宗教裁判で有罪の判決を受けるのが1633年。
お家騒動2個・・・(^^;
あと、江戸幕府が大目付を設置したって。
将軍は家光

ほんでもってニュートンの
『自然哲学の数学的諸原理』(プリンキピア)が
刊行されたのが1687年。
日本では生類憐みの令が出ております。
ということは綱吉ですね。


  娘の感想→ とくに・・・

  私の感想→ とくに・・・


                  
 2012.10.28 Sunday 12:19 - permalink