<< 最近、娘が買った歴史本>『つぶやき戦国武将 天下統一なう』 | main | 地動説が迫害されたわけ >>
天動説vs.地動説が娘のマイブームになったわけ
歴史マンガで娘が最初に手にしたのは、
『明智光秀』と『木曽義仲』だった。

この人選にはどういう意味があるんだろう??
と思っていたら、どうやら「絵」で選んだらしい。

なるほど、そういうことね〜と思っていたのだが、
今度は科学方面でブルーノさんに興味をもったもよう。
NHK『すいえんサー』の
「マリー&ガリー」に登場したのがきっかけで。

16世紀のイタリア出身の哲学者。
コペルニクスの地動説を擁護し、
異端であるという判決を受けても
自説を撤回しなかったため、
火刑に処せられた人。

ちなみに最近は、「判官贔屓」という言葉にも
興味をもった様子。

「弱い立場にある人に同情して、贔屓する」
というような意味の言葉で、
おおもとは義経からきているらしいが、
義経そのものに対しては、
そんなに興味はもっていないらしい。
(少しはあるとのこと)

明智光秀と木曽義仲は
たまたまだったかもしれないが、
ブルーノさんについては、
やはり娘の興味のひとつの傾向を
表しているような気がする。

ちなみに、歴史マンガ(人物編)は、
その後『石田三成』に進んだのだった。

で、姉(おばさん)に
「ここはおさえておこうよ〜」とすすめられ、
『織田信長』を買ったのだった。

(つづく)
 2012.10.28 Sunday 10:38 - permalink