<< わり算の感動したところ | main | お風呂のなかでの分数談義 >>
分数のたし算と、呉越同舟
学校で、分数の授業が始まった。
いまは、仮分数と帯分数をやっているらしい。
(5/4  ←→ 1と1/4)

で、きょう外出中にひまな時間があったので、
約分と、分数のたし算をやってみた。

約分については、図をかきながら。

分数のたし算は、駅のホームと電車内だったので、
紙もえんぴつもなしで、会話のみ。

まずは、1/5 + 2/5 など、
分母が同じ分数でウォーミングアップ。

そしていよいよ、「1/2 + 1/3」にチャレンジ。

私「どうするよ、これ」
娘「たせないじゃ〜ん」
私「大変だ、世界の大問題だ」
娘「ママ、分数の問題を解決する
 ヒロインになってよ〜〜」

私「1/2 と 1/3 は、
  違う世界に住んでいるだよねぇ」

娘「ってことは、呉越同舟ってこと?」

私「まあ、そんな感じだねぇ。
  フランス語を知らない日本人と、
  日本語を知らないフランス人みたいなものかな。
  どうやってコミュニケーションとるよ?」

娘「じゃあ、通訳がいればいいんだ」

私「そうそう。ちなみにお互い英語ならしゃべれるらしいよ」

で、約分の勉強のときに、
その反対の作業もやっていたので、
分母をそろえようということにする。

娘「じゃあ、1にしよう!」

私「おお。でも、たぶん、
  1/2 は 1分の1/2で
  1/3 は 1分の1/3だと思うのよねぇ〜」

娘「どうすんのー」

で、娘は分母を30にすることを思いついたらしく、
1/2=15/30
1/3=10/30
から、25/30を導き出し、
あとはさっきやった約分をして、5/6にたどりつく。

私「できたね〜〜 
  これだと呉越同舟から何になるんだろう?
  付和雷同? ちがうちがう」

娘「意気投合じゃない?」

私「そうだそうだ!」

かくして、本日の結論。

分母のちがう分数のたし算は、
「呉越同舟から意気投合へ」。



子育てしてると、
時間がたつのが早いのか遅いのか
よくわからなくなるんだけれど、
(1週間は長いが、1年は早いとか)
ふりかえってみると、
やっぱりどんどん成長していくと感じる。

だから、もっと、日々のいろいろなこと、
いまの娘の発想とか言葉を、
記録していかなくちゃ、いきたいな、
と思うきょうこのごろ。

とりあえず、小数と分数を学ぶことは、
わるい気はしないらしい。

世界が広がるものね(^^)
 2012.01.15 Sunday 18:15 算数・数学 permalink