<< (大事な追記)>もし「かけ算」がなかったら | main | 「“さざんがきゅう”は屋台」説、解明 >>
「さざんがきゅう」が好きなわけ
いよいよ九九が始まった娘の算数。
きのうは二の段をやったらしい。

「“にごじゅう”がいちばん好き」と娘。

どうして?と聞くと、

「10になると思わなかったから。びっくりした。」

ええ話や。ポロリ

ちなみに、三の段では“さざんがきゅう”が好きらしい。

どうして?と聞くと、

「同じ数が続くのが好きなの」とのこと。

なるほど、ににん とか さざん とか、リズミカルだもんね。

ここまではついていけた。

しかし。

「あとね、“さざんがきゅう”は屋台みたい」


・・・・・?・・・・


や、やたい・・・ですか?


聞き間違い?
言い間違い?

いや、おでんくんの話をしているので、
「屋台」でいいらしい。

“ささんがきゅう”が屋台・・・

うーーーむ。
深い。
深すぎて理解できない。
だれかわかる?
 2009.10.20 Tuesday 09:35 算数・数学 permalink