よし、では詩を書こう……数列歌。

娘に所望されて、詩を書くことにした。

実は最近noteで、
「五行歌」というものを知り、
興味を持った。

がしかし、これがなかなか難しい。
短歌のようにお遊びもできない。↓

タカギタイキチロウ『インコ短歌全集​』に
インスパイアされて『テトラ短歌全集』を作ってみた。


短歌の造詣はゼロだけれど、
57577のありがたさを知った。

で、何か手はないかと考えて、
ふと思いついた。

等差数列歌というのはどうだ?

とりあえず「初項1、公差2」バージョン

 あ
 そこは
 ゆるしてね
 おもいつきだし   
 ふかいいみはないし


全部平仮名だとアホみたいだ。
漢字だとどうだろう?

 あ
 そこは
 許してくれ
 思いつきであり
 深い意味はないのだ


 
一瞬賢くみえたような気もするが、
完全に気のせい。

っていうか、そもそもなんの話?

音にこだわるか、見た目にこだわるか。

やはりここは音だろう。

 ムーンシャドーという
 ひまわりの名を
 つけたひと
 ありが
 と

 
 ↓
https://note.mu/tamami_tata/n/
n4efd90fe08ce?magazine_key=m66b28bde8998



 そばにいたむすめが
 わがははながら
 ほんとうに
 ひどい
 と
 


 初項がいかんのじゃなかろうか
 14から始めてみる
 少し余裕が出たよ
 ほかの初項でも
 やってみよう


 
母に意味を求めてはいけない
 初項15から始めても
 結局は同じことさ
 けれども本人は
 なぜか楽しい


 公差3でもやってみようと思います
 初項は19になってしまった
 指と電卓が必要で
 リズムがつかみにくい
 向いていないか


 さすがに娘があきれて
 もうやめてと言ってる
 ドーターストップ
 かかりました
 おしまい


 いや
 まだまだ
 まだつづけるのだ
 今度は等比です公比は2です
 すごいさすがに文字数がいきなりふえて指を折るのも大変です


 だれか私をとめてくださいああそうかさっき娘がとめたのです
 やはりだめだ私は詩が書けない
 欲しいのはたぶん
 何かの
 枠
 

 いいからはやく
 あそんでないで
 ごはんのしたく
 初項は7で
 公比は1で


| /PAGES |