私は娘から期待されているのか、ダメ出しをされているのか?

娘が、私に「詩」を書いてほしいという。

何か芸術活動をしてほしいらしい。

娘「あれかな…自分がやりたいから、
  代わりにやってほしいのかな……」

ああ、そういうことってあるかもしれないねぇ。
ただ、母娘の立場が逆かと。
娘にとって、芸術活動とはどんなものか、きいてみた。

娘「凝ったこと」

私「ママのブログの文章とか、凝ってない?」

娘「ママって……先生なのかもね……」

     ドキッ

娘「伝えたいことを、まっすぐ説明しようとする。
  かっこつけてない。
  そうじゃなくて、最初に読んだときに、なんじゃこれ!?
  となれば、読んだ人考えるでしょ?
  わけがわからないのでもいいし、
  シンプルすぎて逆にわからないのでもいい。」

noteのほうに公開してる、「かなぶん」じゃだめ?
https://note.mu/tamami_tata/n/
n66a3ce6a7c66?magazine_key=m2bcdcf876e9c


娘「あれは″意味”がないでしょ」

母「……はい。ないです。ただの言葉遊びです。」

どうやら、わかりにくくても、わからなくてもいいが、
「意味」は必要らしい。

娘「そんなママを見てみたいんだよね」

やはりどう考えても、
親子の立場が逆転していると思う、
週末の夜の親子談義なのだった。


| /PAGES |