角度を測る問題が全滅だったとき

学期末にテストがあれこれ返ってきた。

そのなかでいちばん目をひいたのは、算数「角」のテスト答案。

オオウケした。

     
                                     (光文書院)

私がフォローできることがあるとしたら、
それは分度器の使い方ではないような気がする。

一応、宿題のときに、
「問題を出す人は、何十度か、何十五度しか出さないよ〜」
と伝えたのだが、娘としては、「それはそれ」らしい。

だって、自分でやって(はかって)それだったんだから、
書くしかないでしょ?

こういう答案が書ける娘に、
“かなわなさ”のようなものを感じる私であった。 


| /PAGES |