【メディモン】ついに姉も参加、オノンちゃん登場

お薬を題材にしたキャラクター遊び
「メディカル・モンスター」に、
ついに姉も参加することとなった。

姉作メディモン↓


  カプセルじゃなくて
  ドライシロップのオノンちゃんだよ!
  甘えんぼさんだから、ある程度の期間、
  いっしょにいなくちゃだめなんだ。
  すごく困ったときにパワーで助けてくれるというより、
  いつもいっしょにそばにいて、
  穏やかな気持ちにさせてくれる、
  そんなキャラクターだよ!


オノンというのは、
喘息やアレルギー性鼻炎の予防薬。
http://www.qlife.jp/meds/rx10206.html

娘は2歳半のときからお世話になったと思う。
カプセルに変わったのは
3年生くらいの頃だったかな?

年齢もあがってきて、
いったんやめてみようということで
確か5年生の秋くらいにやめたのだけれど、
今年の冬はやはり鼻の調子がわるく、
アレジオン+シングレアを飲むことになった。

あ、そうそう、
例のよくおしゃべりしてくれる
小児科の先生が言ってたんだけど、
気を利かせて病院の「科」ごとに
お薬手帳を分けているおかあさんが
いらしたんだって。

お薬手帳って、
飲み合わせや重複を避ける意味合いが
大きいと思うから、
分けたら意味がなくなってしまうと思います〜
というか、その几帳面さが逆にすごいと思った。

 しっかしなんだか、
 お薬ブログになってきてるんですけどーー


【メディモン】ホクナリンちゃんの、ジェネリック進化ならぬジェネリック変化。

ついにカテゴリー作っちゃったけど、
私のひとり遊びにならないかやや心配…

さて。

先ほど入った情報によると、
とある大学の生物学の講義で
ポケモンの進化が否定されたらしい。
https://twitter.com/pio_pio_11/status/428738923565559808

が、それはひとまずおいといて、
メディモンはポケモンのパクリ…じゃなかった
ポケモンを参考にさせていただいているので、
こちらも進化をさせようと思う。

というわけで、
「ジェネリック進化」と書きたかったのだが、
なんと調べてみると、
「主成分が同じ=効能が同じ」
と思いきや、
少なくともホクナリンテープの場合、
後発品は浸透時間が少し異なるらしく、
使用感も違うらしいという噂。

うちでは後発品を使ったことがないので
ネットで仕入れた情報に過ぎず、
実際のところどうかわからないけれど、
とりあえずそれをふまえると
進化とは言いがたいので、変化ということで、
ホクナリンちゃんのジェネリック化メディモンを
ご紹介シマス。↓



 〔セキナリンちゃん〕
  おっとりしてるけれど、
  ホクナリンちゃんほどは
  気が長くないという噂だよ!
  名前のわかりやすさは、
  セキナリンちゃんの親切さの表れですd(^.^<想像だけどね
  http://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00051675

 〔ツロブテちゃん〕
  やはりおっとりしてるけど、
  ホクナリンちゃんほどは
  気が長くないという噂だよ!
  成分名から名前がつけられているのは
  ツロブテちゃんの素直さの証ですd(^.^
  そして、仲間がたくさんいて、
  何より安い…じゃなかった、
  ゲットしやすいぜ!v(^-^)
  http://pfizerpro.jp/lp/establish-g/products/dc10/tulobuterol/

(一覧)
http://www.okusuri110.jp/cgi-bin/ dwm_yaka_list_se.cgi?2259707&%83c%83%8D%83u%83e%83%8D%81%5B%83%8B


メディモン(メディカル・モンスター)のその後

お薬を題材にしたメディカル・モンスターこと
メディモンの計画は、
どちらが抗生物質を担当するかでもめている。

かつてフロモックスを
付け焼刃でちょっとだけ勉強した母は、
「自分がやる!正方形と五角形や六角形を組み合わせる!」
と主張しているのだが、娘は娘で
「戦うから、かっこいいから、私がやる!」
と譲らない。

まだ、決着はついていない。

このままだとまた冬眠に入ってしまうので
(なお、娘は主人公である人間の女の子と
アレグラちゃんの試案を作っているらしいのだが
まだ決まっていないといって、
いっこうに先に話が進まない)
私が先にペイントでちゃちゃちゃっと ひとり(1体?)作った。



  おっとりしていて、気が長い。
  この子がいると緊張がやすらいで、
  おだやかな気持ちになるよ!


いわゆる気管支拡張薬。
夜、お風呂のあとに、
胸の近くや背中に貼って使っていた(テープ型)。
http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se22/se2259707.html

最近はほとんど使わないけれど、
ずいぶんお世話になりました。

ありがとうございました。m(_ _)m

娘は2歳くらいのときに、
「喘息予備軍」と言われたのだが
(もろに喘息というわけではなかった)
ホクナリンテープを使い始めたのは、
4歳8ヶ月くらいの頃だったのではないかと思う。
(それ以前のお薬手帳がない)

最初は1mgで、そのうち2mgを3/4使うようになった。
つまり1/4切り取るわけだけれど、
先生が「切り取ったほう貼っちゃったおかあさんがいて、
それじゃ効かんわ〜」と言ってたのが懐かしい。

もうこの調子で、私がどんどん作っちゃおうかしらん!?


| 1/1PAGES |