一方、読書のほうは

夏休みには「読書」という宿題もあった。
読書記録をつけて、
そのなかの1冊について簡単な感想を書くもの。

先生から、1000ページは読むように、
とお達しがあったらしい。

500ページくらいまでは無理なくいけたのだが、
そのあとがなかなか進まない。

で、何しろ小学生時代に本を読むということを
ほとんどしなかった私、お薦めの本を思いつかない。

いっしょに図書館に行ってテキトーに見繕ってみるが、
娘は読む気になれないらしい。

そんななか、どうやら自分は
歴史に興味があるのかもしれないと気づき始めた娘。

そもそものきっかけは、
『今夜はヒストリー』というテレビ番組だったと思う。

また、トヨタのReBORNのCMにも
興味があるようだった。
(東京ガスのガスパッチョ織田信長編のときには
何も言っていなかったような気がする)

そして、パパからもらった(?)
『平家物語 平清盛』(那須田淳)で、
本が面白くなってきたらしい。

しかし図書館にあった本のうち娘が読むことができたのは、
春日局をテーマにした冊子のうちの、
20ページくらいの物語部分で、
それ以外には見つからないということで、
もうこうなったらマンガでもいいことにしようよ、
と書店に連れていき、
手にしたのがポプラ社コミック版の
『明智光秀』と『木曽義仲』。

娘がなぜこの2冊を選んだのかはわからない。
絵で選んだのかな??

ひとつわかっていたことは、
娘は、時代の区切りよりも、人物の区切りで
歴史の本を読みたいらしいということ。

で、これらを読み終わり、今度は別の書店で
『織田信長は名探偵!!』(楠木誠一郎)を購入。

そしてこのシリーズにはすっかりはまり、
その後、平清盛、安部晴明、
“うつけ者(若い頃の織田信長)”を、読んだしだい。

うち1冊はAmazonで中古を購入したのだけれど、
娘ってば、バイクの音で届いたのがわかったらしく、
自分で郵便受けにとりに行っていた。
それだけ楽しみにしていたらしい。

私も、『平清盛』(那須田 淳)と
『織田信長は名探偵!!』(楠木誠一郎)
を読んでみたのだが、確かに面白い。

読む前は、フィクション部分が多いのではないかと
ちょっと気にしていたのだが、
そういうことがどうでもよくなってくる感じ。

ちなみに、マンガ2冊も読んでみたが、
マンガではないほうが絶対面白いし、読みやすい。

 明智光秀と木曽義仲という人選が
 関係しているのかもしれないが、
 それ以前の問題であるように感じた。

それから、時代で区切らず人物で区切っているので、
同じ人物が、複数の本で違う描かれ方をしており、
そのことに娘が注目しているのも、面白いと思った。

たぶんいまは、ある1人の人物の「物語」として、
歴史の本(フィクション)を楽しんでいるのだと思う。
それがいつか、多角的につながっていくと面白いね。

で、ページ数のノルマも十分達成したので、
感想文を書くのをどれにしようか4冊にしぼりこみ、
それらを机の上にならべて迷ったすえ、
そのうちの1冊の感想を書いていた娘。
その作業、私、ノータッチ。

自由研究とのこの違いをなんとする。

もし私が読書好きな小学生時代を送っていたら、
別の展開になっていたのかもなぁ、とも思うし、
どっちにしろ、私が「この本面白いよ〜」と渡しても、
やっぱり読まなかったかもしれないとも思う。
(同じことを、パソコンについても思う)

とにもかくにも、文字数、ページ数の多い本に
抵抗のあった娘が、本というものは
実は読んでみると面白いと気づいたらしく、
それがこの夏のいちばんの収穫だったと思う。

そういえばおととしは
動物ものだったんだねぇ>


なぜ「青」と「争」で「静」なのか

娘が宿題を書いているときに、
「静か」という文字を書かねばならぬ場面が出てきたらしく、
「“争う”ってどんな字だっけ?」ときかれて気づいた。

考えてみればそうだね〜
静かって字、青が争うんだねぇ。
なんでだろう??

と思って漢和辞典で調べてみたところ、
「青」はすみきったというような意味らしく、
争いが治まって、
しんとすみわたった状態になることから
この字になっているもよう。
なるほど、「静」は相対的なものなのだな。

私は覚えていないのだが、娘によると、
「ママにむかし、○○ちゃんの“静か”って字、
うるさいと言われた」とのこと。
あらま、そんなこと言いましたの私?

そういえば線が多かったんじゃなかったっけ?

「そうそう」と言って当時の字を書いてくれた娘↓


 
 うるさっ


    でも、ちょっと、楽器みたいだね


かろんず べからず

娘が学校で「偶成」を教わってきた。

  カテゴリーを国語にしているけれど、
  国語のなかで学習したわけではない。

少年老い易く・・・のあれです。

で、娘いわく。

「“かろんずべからず”って、ブランドみたい」

久しぶりにオオウケした私。

「ブランドって言葉知ってるんだ、たとえば?」
ときくと、「ギャップ」と娘。
ま、そんなとこでしょうか。(^^;

ほんでもって、あまりに面白かったので、
わが家(の中だけ)で、そのブランドを立ち上げることにした。

ひとまず、名刺(のデザイン)を作った。

社員は2名で、肩書きはない。
そして名前のフォントと色は、社員自身が決めていいことになっている。
ついでに言うと名前も自分で決めていいことになっている。

というわけで、完成〜↓



がしかし。

この会社、まだ何をする会社なのかが決まっていない。

なにしろ軽んじてはいけないので、
小夢さんは「だいじなもの」を扱う会社にしようと提案している。

さて、大事なものとはなんだろう?


年が明ける前に書き初めの宿題

冬休みの宿題の1つは、
はじめての(毛筆による)書き初め。
で、3学期直前に大揉めにならないよう、
年末のうちにとっとと終わらせることにした。

まず何がびっくりって、
娘が学校からもらってきた書初め用紙のサイズ。
17.5cm×69cmくらい。ちっちゃ〜
ネットで調べたところ、「八切」というものなんだろうか?

書き初めが宿題に出ることはわかっていたので、
自分が子どもの頃の用紙のサイズをイメージして、
床に新聞紙敷いてやらせるかな・・・と思っていたけれど、
ダイニングテーブルの上で十分。

で。

私は一応、小学生のころピアノと習字を習っていて、
それは、手になんらかの技術をつけて、
「将来食いっぱぐれがないように」という
母親の思いからくる習い事だったのだけれども、
実際、それで食いっぱぐれていないかどうかはおいといて、
今回しみじみ(初めて?)習字を習っていてよかったと思った。

細かいことは覚えていないし、
娘以外のだれかに教えることは絶対にできないけれど、
書道の道具に触れるときの最低限の感覚というか、
書道らしい字が書ける筆の運び方は身体が覚えていて、
それが役に立ったと思うからだ。

うちで書いたものだけを見ると、
「これでいいのかなぁ・・・こんなもんかなぁ・・・」
と思ってしまうのだが、
学校で普通の半紙2枚に分けて練習したものと比べると、
「やったーー お習字になってる〜〜!!」
とべた褒めしたくなる。実際、褒めた。

学校では、墨汁こぼして友達にふいてもらったとか、
鼻の頭に墨つけて帰ってきたり、
そういうレベルの娘だし、
そうじゃなくても、あれだけの人数が筆もってれば、
先生は指導どころではないかもしれない。(^^;

ただでさえ習字の授業数は少なくて、
ちょうどその日に欠席したことも何度かあるので、
もともと、うちでフォローすべきことだったのだろう。
とうことがわかって、
非常に意義深い宿題となった。

でも、提出用の作品を仕上げちゃったから、
年が明けたらもうやらないだろうなぁ・・・(^^;

来年以降も冬休みの宿題として出るらしいので、
また年末(or年始)にがんばろう。 
              
                1年に1回かい!?



「よいことがあればわるいこともある」という諺

娘が、
「ねえ、わるいことのあとにはよいことがある、
という意味のことわざってなんだったっけ?」
ときいてきた。

  ……七転び八起き? ちがうちがうノーノー

NHK教育の何かの番組で知った諺だと察しがついたので、
しばらく考える。

娘「いいことがあればわるいこともあるっていうことわざ」

私「…さいおうがうま?」

娘「そう!」

そういえばいつかテレビでやってたっけ。

人間万事塞翁が馬…

これって森田療法だよなぁ、とふと思う。

この言葉には「禍福は予測できない」という意味が
あるようなのだけれど、予測できないというより、
「万事は流転してとどまらない」
というイメージを抱いてしまう私。

つらいときには役に立ち、
うれしいときには忘れているであろう言葉であり、
どちらでもないときには、
「つらいときには役に立って、
 うれしいときにはなんだかちょっと淋しいな」
と思う言葉なのであった。

で、そのあとことわざと四字熟語の話になり、
四字熟語の例として、
ふと自分の口から出たのが「五里霧中」。
そんなつもりはなかったんだけど、
もしかしてこれって潜在意識のあらわれ!?

ほかには何があるだろう?とあとで自分で考えてみて、

 「四面楚歌」

 「呉越同舟」

とここまでさらさら出てきたのにピタリととまり、
そのあとひねりだしたのが「弱肉強食」…

もしかしてこれって、
私の問題じゃなくて四字熟語というか、
故事成語の問題?

と思って調べてみたけど…

私の口から「臥薪嘗胆」や「温故知新」は出てこなかった。

あと、「一心不乱」や「猪突猛進」や
「清廉潔白」や「千載一遇」や
「以心伝心」や「一期一会」も…

やっぱりこれって…たらーっ


百人一首を絵で描く 02,03

きょうは2つともわかりやすい。

02

横顔書くのが大変だったので、シンプルな構成になったらしい。

答え(白文字)↓
 伊勢大輔(いせのたいふ)
 「いにしへの奈良の都の八重桜 けふ九重に匂ひぬるかな」


03


答え(白文字)↓
猿丸大夫(さるまるたいふ)
「奥山に紅葉踏み分け鳴く鹿の 声聞く時ぞ秋は悲しき」


03を描くにあたり、
最初はバンビの絵本を開いていたのだけれど、
そのうち「こども図鑑 どうぶつ」を持ち出して、
あーだこーだと話し合うことになった。
以下は鹿をめぐる(おおよその)会話。

私「あ! これいいじゃん! これにしようよ」
娘「(ページをめくっている)これがいいなぁ」
私「……奥山にインパラはいないと思うよ。(←そもそもウシ科)
  あれ、奥山ってどこだっけ?」(←地名じゃないのね)
娘「でも(作者は)本当にいたかどうかわからない人なんでしょ?」
私「ああ、そう書いてあったねぇ。じゃあ、日本じゃないかもねぇ」

 しばらく口蹄疫の話。

娘「サイにしようか?」
私「鹿だって」
娘「うさぎにしよう!」
私「だから鹿だって」

鹿のページにもどる。

娘「鹿って外国にはいないんだね」
私「これ、アジアって書いてあるよ」
娘「中国にもいるんだ」
私「しふぞう。鹿なのにぞうとはこれいかに」
娘「バンビに、大人になったら斑点消えるって
  書いてあったけど、日本のは消えないんだね」
私「あ、そうか、バンビは外国なのか。
  ねぇ、これにしようよ、これがいいよ
  ……エゾシカ……」



たぶん、百人一首の宿題のねらいって、
こういうことじゃないんだろうなたらーっ


百人一首を絵に描く 01

夏休みの宿題の1つに、
百人一首を覚えるというのがある。
100首全部覚えるのはとりあえずあきらめるとしても、
10首くらいは覚えたい。
10首もきびいしかな…

まずはとりあえず1首だ。

で、なんだかんだいろいろあって、
その1首を絵であらわすことになった。

これ、だれの歌かわかります?
01


一応インターネットで意味を調べて()、
私がくだいて説明したんだけど、
説明あってるでしょうか…汗

答え(白文字)
 ↓
光孝天皇
「君がため春の野に出でて若菜つむ わが衣手に雪は降りつつ」


教科としては国語ではないかもしれないけれど、
とりあえずカテゴリーは国語にしておこう。


かんじてごらん2

「2年生バージョンないかな?」と思っていたら
いまやってるみたい!
>NHK教育「シャキーン」>かんじてごらん2

ところどころさすがに抽象的だけど、
がんばってつくってあるなぁ〜
アニメーションの力も大きいんだろうな。

「雪の谷の地形 計ると前の半分
 自分で直す番だよ 元通りに」

かぁ。

でも、「自分で直す番」と言われても…って感じでしょうか。たらーっ

いやぁ、でもよくできてる。


フォントによっては突き出るみたい>「聞」の「耳」



「聞」の中の「耳」は突き出ない!?

漢字が壊滅的な娘。
夏休みの間になんとかしなくては!

というわけで、本日、漢字の練習。
(本来は日食の観察をしている時間のはずだったのだけれど…
→テレビ中継を見るという手があったのね。思いつかなかった…ポロリ

で。

「聞」という字の書き順がめちゃくちゃなので、
「門」と「耳」に分けて練習しようと思い、
エラそうに指導していたら…

「耳はつき出るけど、聞くの耳は突き出ないんだよ」と娘。
え!?
よーく見てみると、確かにそうなってる!!

「耳」「聞」

知ってました奥さん!?!?

ためしに検索してみたら、あらまぁ、ひっかかってくることくること。
Googleで「聞 漢字 耳 突き出ない」の検索結果

娘は目で見て判断したのではなく、
学校でそう教わったらしい。

私、ン十年間知りませんでした…

っていうか、もしかすると「耳」も突き出していなかったかも。たらーっ


| 1/3PAGES | >>