心の稼ぎ

少し前のことになるが、noteで
「無」がない話というテキストを書いた。

できるだけ平易に、
なおかつ間違いがないようにと
それなりに気を遣って書いたのだが・・・
(参考にしている本の内容と
 齟齬がないようにという意味で)

できあがってみれば、
あまり平易でもなかったし、
このくらいのものなのかぁ…
と思う仕上がりだった。

でも、書きたいことは書けたし、
気持ちが先につながったから、
書いてよかったと思う。

いつもはだいたいの下書きができると、
PCの画面上でチェックしながら整えていくのだけれど、
あの文章は参考文献もあったし
あちこちから話をもってきていたので、
プリントアウトしたうえで、
赤ペン片手に確認作業を行った。

「仕事かよ〜〜」

と半ば自嘲しながら。

もしかしたら、
「何の稼ぎにもならないのにねぇ」
という内容のことを口にしたかもしれない。

そうしたらそばにいた娘が、
こんなことを言ったのだ。


  「でも、心の稼ぎになるから、
   無駄じゃないんじゃないの?」


「糧」という言葉は聞いたことがあっても、
「心の稼ぎ」という言葉は初めてきいたので、
新鮮だった。

ちなみに note はコンテンツに課金できるので、
自分の文章に値段をつけて売ることもできる。

もちろん、売れるかどうかはわからないのだが、
「一銭にもならない」可能性を消すことは可能だ。

かつては私も、テキストや、
テキストを束ねるマガジンに
課金していたことがある。

そして、買っていただいてうれしかったこともある。

だけどその後は課金していない。
noteで課金することは、
しばらくないだろうと思う。

 自分独自の合理的判断!?に基づいてのことです。
 居候状態でプラットフォームを使わせてもらって
 申し訳ないなぁ…という後ろめたさが
 まったくないわけではないのですが。

なお、課金したことを後悔はしていないし、
買っていただくというのはやっぱりうれしい。
そして、課金したから公開できた文章もある。

でも、あのテキストは無料で公開したかった。

ちなみにいま書いているこの記事は、
「お金がすべてじゃないよね」
「お金より大事なものがあるよね」
ということが言いたくて書いたわけじゃない。

もちろん、
「すべてではない」
のは言わずもがなだが、
お金は大事だ。
 
そういう話ではなく、
娘が使った「心の稼ぎ」という言葉が
面白かったのだ。

「心の糧」という言葉は名詞的だが、
「心の稼ぎ」という言葉は動詞的で、
行動が感じられて面白い。

心の糧も、稼いでこないと
無尽蔵じゃないのかもしれないね〜!


続・やりたいことと、やるべきこと

先日書いた、
やりたいことと、やるべきこと
のその後の展開でございます。

まず、私の場合、
「やりたいことはやるべきこと」だが、
「やるべきこともやりたいこと」だと
発想を転換させるできごとがあった。
間違えて買ってしまったスケジュール帳の使い道

さて、娘の場合はというと・・・

なぜ、やりたいことをやってもイライラするのか、
その理由が判明したもよう。

それは、
「やりたいこともやるべきことも、
 次々にあふれてきて、
 それをその日のうちに消化できないから」
というもの。

じゃあ、次々にあふれてくる
やりたいこととやるべきことに
どう対応していくか、
ということなのだが。

そのためには、優先順位を見極めることと、
計画性をもつことが大切になるということは
本人もよくわかっていて、
計画も立ててみたらしいのだけれど、
どうにも実行できないらしい。

そんななか、ある日(確か冬休み最終日)、
「きょうは充実したなぁ」という1日があったらしい。

なぜその日はうまくいったかというと、

   「謙虚になったから」

とのこと。

あらまー、すんばらしいじゃないですの。

どういうことかというと、
「ノルマをちょっとさげた」らしい。

そして、動くことにしたとのこと。
やりたいことをどんどんやることにした、と。

「ママに喝を入れられたから」ということのようだが、
喝なんか入れたっけ・・・?と記憶をたどって思い出した。

そうそう、私の目から見ると、日中、
やりたいことをさんざんやっているように見えていて、
それが一段落したときに愚痴を垂れられても
どうしていいかわかんないよ、
と思ったことがあったのだ。

だから、それを親というよりは対等モードで
正直に吐露したことがあったような気がする。

たぶんそのときの私は、
年末の大掃除をほとんどやらないぐーたらのくせに、
さすがにこれじゃいかんだろうと
しぶしぶちまちま掃除をしていて、
そんななかで愚痴を垂れられて、
「知らんわ」と思ったんじゃなかったかと思う。

親子でいっしょに段取りよく掃除をするとか、
掃除の習慣をつけさせるとか、
そういうことをまったくしていないどころか、
自分の掃除さえいきあたりばったりの気分しだい。

そんな私が娘に計画性を伝授できるはずもなく。

ちなみに、私から愚痴返しをされた娘は、
「14年間いっしょにいて
 私のことを学習していないのか」
と思ったらしい。

でも、愚痴に返した正直な愚痴が
喝になったのなら結果オーライじゃないの?

ところが。

娘の前でこの文章を書きながら、
「お役に立ててなによりです」
と入力しようとしたら、
「いや、私が活用しただけだから」とな!

なんだかどんどん私に似てきて
「ヤな親子」になりつつあるのが気がかりだけど、
引き続きいろいろ活用してください。


やりたいことと、やるべきこと

それは昨年末のこと。

冬休みに入ってしばらくしたころの娘が、
夜、寝る前、なんだかご機嫌斜め・・・
ということが何回かあった。

就寝時の眠さ・だるさからくるものもあったようだが、
たぶん、その1日が充実しなかったことを感じて、
やるべきことがなかなか進まないことに対する
イライラからくる不機嫌なのだろうと私は感じた。

そんななか、ある日、
娘が私よりはやく起きて何かやっている。

その作業は、きのう終わった作業の続きで、
(終わっているから続きでもない)
私にとっては必要ないもののように思えた。

たとえていうなら、
宿題の絵をきのう描きあげて、
それを提出するつもりなのに、
また別の絵を描いているような
そういう状況。
(あくまでもたとえです)

そこで私は言った。

「それ、やらなくていいんじゃない?」

気持ちとしては、
やるべきことをやったら?
(そうしたら寝る前にイライラしないでしょ?)
というようなニュアンスだったと思う。

すると娘いわく、

 「やりたいことは、やるべきことなんだよ!」

・・・確かに。

素直に、確かにそうだと思った。


私もこれからはそれでいきたい。


問題は、やりたいことをやっているのに
なぜ、夜寝る前にイライラするのか、
ということだ。
 

この話には、親子それぞれ
"その後の展開” が訪れたのですが、
それについてはまた後日、報告しまーす。


リアクションに詰まった最近の会話

〔その1〕

おふろから上がって、髪を乾かさないまま、
布団に寝そべろうとした娘との会話。

私「ねえねえ、髪が乾いてないんだったら、
  せめて枕にタオルを敷いて」
娘「いまそんな気分じゃない」
私「気分の問題じゃなくて枕にしみこむ水分の問題なの」
娘「枕に水分がしみこんだときのママの気分の問題でしょ?」
私「・・・・・」

ちなみにそのあと
私「じゃあ、そのままでいいよ、
  枕にカビが生えるだけだから」
と言ってはみたのだが、カビが生えたとしても、
そのことが娘に与える健康被害の可能性も、
結局、私の気分の問題なんだろうか?


〔その2〕

「所さんのニッポンの出番」という
TV番組を観ながらの会話。

私「興ざめなこと言ってあれなんだけどさ・・・
  こういう日本を持ち上げる番組が増えると、
  なんかやばいよね」
娘「それ、もう何度かきいた。
  ママの記憶力のほうがやばいよ」
私「・・・・・」


本日の娘の名言「落ち込みと反省」

娘「私わかったよ。
  私は落ち込みはするけど、
  反省はしないんだって。」



あなたは昔からそうです〜
反省点はない話(小1)

ちなみに、夜の歯磨き時に生まれた「名言」。

自分の歯磨き粉がみつからなかったのだ。

娘は夜の歯磨きを
パソコンの画面を見ながらやるので、
歯磨き粉が机の上に置きっぱなしだったりする。

いつかはそのままなくなって、
ずいぶんたってから、
可動式のワゴンの下から見つかったこともあった。

私「そういうときにはね、
  ママの辛いやつを使って、
  その辛さをしっかり味わうんだよ」

というような状況のときに、
娘は自分で自分の性質を発見し、
あの言葉に結びついたらしい。

そして娘の歯磨き粉は、
本来の「歯磨き粉入れ」に入ってた。

私の歯磨き粉のかげにかくれて
見えなかったもよう。


娘が推測する、おとなの大変さ

娘いわく、

  「おとなって大変だよねぇ〜

   確定申告とかあるし。

   年金のこととか。

   あと、税金とか。

   お金の管理が大変だよねぇ〜

   就職もしなくちゃいいけないし。

   面接もしなくちゃいけないし。」


で。

お金の管理が大変だという話から、
2年半ぶりに判明した事実がある。
娘にお願い(2) (2009年6月6日)
 
娘「銀行の暗証番号も覚えられないといけないし。
  だからあのとき○○ちゃん、
  声に出していったんだよ、暗証番号。
  受け継ぐと思って。」

銀行のカードの暗証番号は、
代々受け継がれるものだと思っていたらしい。



電池シェア

ご無沙汰してますぴまりんです
もうすぐ冬休み終わっちゃって寂しいです  
と、いっても今年はいつもより長いんですけどね(連休の関係です)
前にすっごくヒマだった時、引き出しから、おもちゃを引っ張り出してきたのですがどれもこれも電池切れ 
年賀状を出すついでにお母さんに買ってきてもらいました
なんとボタン電池がたりませんでした
でもそんなの想定内
そうおもちゃ同士でシェアし合えばいいのです
だけど、やり始めて思いました。
結構めんどくさい
8割がペンなどをつっこんで開ける(電池の入っている所を)方式だからいいけど
ドライバー方式は、かなりめんどくさい(主観)
なんてったって、時間かかるし(どっちっかってたら(主観))
だから、しまう時はほとんどフタをしないまま袋にほうりこんでいます(どっちの方式も)
1個だけ開けていないボタン電池がありますが、じつはもったいなくてあけていません。
でも、このままケチっていると電池切れるしなぁ〜

そして
 
みなさん、この年が幸福な年になりますよう心からお祈り申し上げます
  
                                                  ぴまりん


簡単な質問と、難しい注文

娘「ねえママ、簡単なことを難しく言うのと、
  難しいことを簡単に言うのは、どっちが難しい?」

私「難しいことを簡単に言うほうだろうねぇ」

娘「じゃあ、トマトを難しく言ってみて」

私「・・・」

  
   一応答えたが、再現できそうにない。


ブログデザインをめぐる親子論争・・・(!?)

先日、このブログのテンプレートを変更した。
JUGEMのユーザーさん作成の
共有テンプレートのうち、
miraさんが作られた、heart pink 2をお借りしている。
miraさんのブログはこちら>Vi ses

かわいいね〜〜〜!!

LOSTPIAさんの写真の素敵さがベースになっているのだろう。

で、カスタマイズは文字の大きさ、色の変更と
サイドのメニューの増減のみ可能ということで、
いまは文字の大きさだけ少し大きくさせていただいている。

「配布終了」という記事を読んで、
なるほど、いろいろあるんだなぁ・・・と思うことであった。

さて。

そもそもテンプレートを変更したかったのは、
私にとっては前のテンプレートが
部分的に使いにくかったからなのだが、
現在のデザインも、かわいいことはかわいいのだが、
ものすごく使い勝手がいいというわけではない。

なんといってもタイトルにかなりスペースをとられているし、
(本来ならば、できるだけスクロールせずに
 本文を読めるようにしたいタイプ)
やはり私はサイドバーは左より右がいいらしい。
カスタマイズも制限があるので自由にできない。

でも、制限がなかったとしても、
へんにいじると絶対にデザインが崩れるし、
それは避けてほしいという気持ちはよくわかる。

娘に、そのへんの事情を説明したあと、
自由にカスタマイズをしたいので、
ママが作ったやつじゃだめか?と
途中まで作ったサンプルを見せてみたが、
イマイチな様子。

私の目から見ても、その差は歴然。

たとえ、ピンク使って、ハートの画像を使っても、
こうはいかないんだよな・・・

そもそも、娘の好みが、私の辞書にない。

だから、どういう話題を書いても、
娘好みのデザインにのせると、
ちぐはぐになる気がする。

で、書きにくいデザインだと、
なかなか書く気になれないのだ、
ということを娘にうったえてみたのだが、
娘いわく、これは「着せ替え」なのだ、と。
なるほど。
「でも、お洋服の前に、着る人その人の問題じゃない?」
と言ってみるが、なかなか同意は得られない。

これはもうあれだな、娘の好みにあっていて、
私が使いやすいテンプレートを地道に作って、
ちゃんと完成したときに同意を得るのがはやそうだな。

って、それほどのことか・・・(!?)


「心理テスト」の意外な結果、それなりに納得。

娘はいま、学校で心理ゲームの本を借りているらしい。
ということで、うちで心理テストをやってくれた。

お題は、「「黒板」について思いつくものを、20個あげてください。」
というもの。 細かい表現は忘れてしまったけれど。



  「わたしもやりた〜い」という方は、
  この時点でやってくださいまし!(^^)
  これから答えを書いていくので。



最初は、「チョーク」とか「漢字」とか「算数」とか、
ぽんぽん答えていたのだけれど、
7〜8個めをすぎたあたりから苦しくなってきて、
「書くときに音がする」とか
「届かないときには台にのる」とか
みょーに長い答えになっていき、
そうこうするうちまたちょっと調子がもどってきて、
最後の答えは「マグネット」だった。
なお、その時点で「日直」も思いついていたのだが、
これは21番目だったので省略した。

で、この「心理テスト」のオチはといえば、
「最後に言ったものが、あなたがいまいちばん欲しいもの」
ということらしいのだ。

そっか〜〜
私はそんなにマグネットが欲しかったのか〜〜
知らんかった。
あやうく日直を欲しがるところだった(^^;

でも、心当たりがまったくないわけではない。
実は、冷蔵庫で使っているマグネットを
白い立方体のものに変えたいなぁと思っていて、
(そういう商品があるのかどうかわからないままに)
でも、今使っているマグネットがあるし、
それもわるくはないし、
わざわざ買い換えるほどのものではないし、
まあ、そのうち・・・と思っていたのだ。
思いつつも、冷蔵庫をみると、
時折そのことが頭をよぎっていた。
その思いが引き出されたということなのかな?

ちなみに、うちの娘の答えは「自然」だったのだそうだ。
どういう経緯でそこにいきついたかは不明。

この場合、なぜ「黒板」なのか?
ということにはあまり意味がないのだろう。

たぶん、なんでもいいんだな。

なんでもよくて、何をとっかかりにしても、
10個めくらいには答えに困るようになってきて、
20個めくらいになると、
その人の心の中が出てくるのかもしれない。
 
こういう心理テストは、所詮はお遊びだと思うけれど、
ちょっと面白いな、と思う。



| 1/6PAGES | >>