平安時代と室町時代がごっちゃになるわけ

またやってしまった。

娘が平安時代後半の話をしていたとき、
かる〜い気持ちで「応仁の乱あたりぃ?」と口をはさんだら、
沈黙されてしまった。

なんでも300年くらい違うらしい。

だからハハの場合、
平気で数百年はワープするんだって。

なぜこのようなことが起こるのか、
あらためて考えてみた。

たぶん、どちらも私にとっては
「なんとなくミヤビ」なのだ。

平安時代は平安時代という言葉がすでにミヤビ。

一方、室町時代をミヤビと思う理由を
つっこんで考えてみた。

そうしたら、遠い遠い記憶がよみがえってきた。

これまでの長い人生で
大河ドラマを続けて見たのは、
『八重の桜』だけなのだが、
そのほかのものについても、
たまたま見かけたシーンだったら、
いくつか覚えている。

そのなかで、わりと印象に残っているのが「花の乱」。

特に、銀閣寺を作った人と、その奥さん。
奥さんを演じたのは三田佳子。
つまりは日野富子だと思う。

だんなさんは義満かな?とか思っていたら、
先日、ひょんなことから義政とわかった。

ひょんなことというのは、
テレビで「応仁の乱」をやっていたから。

あのだんなさん、
つまり義政はだれだったのか検索したところ、
市川團十郎(12代目)らしい。

たぶん、このだんなさんが
ミヤビだったのだきっと。

覚えているのは、琵琶の弦か何かに
髪の毛をまきつけたおまじないの話と、
日野富子が何かの香水をつけて
義政の前にあらわれたとき、
梅の香をじゃまされた義政が
不機嫌になったことと、
銀閣寺に何かが足りないことを
だれかと相談しているシーン。

すべて私の記憶のなかにある場面なので、
実際にあったかシーンかどうかはわからない。

そんなこんなで、おそらく、
室町時代→ミヤビ→平安時代
になっちゃったんじゃないかという結論が出た。

なお、わが家には話題になった例の本、
呉座雄一著『応仁の乱―戦国時代を生んだ大乱―』
が、あることはある。

「はじめに」の数ページを読んで果てたハハ。

本を前から順に読むということができない私、
歴史本をところどころ読むというのは
アリなのだろうか・・・と自問しつつ、
気が向いたら開こうと思っているところ。

いまのところまだ気が向いていない。

 2017.10.07 Saturday 13:30 歴史 permalink  
日本史上の重要人物30名をあげてみよと言われたら

歴史オンチの母、
のらりくらりと歴史の勉強中。

さて、そもそも日本史に登場してくる人たちを、
私は何人把握しているのだろう?
何をした人かはともかく、そのお名前を。

というわけで、まずは資料等を見ずに書き出してみた。
今回、文化・宗教関係は考えに入れず、
政治?のみに着目することにして、
自分が生まれるまでの期間限定で。

そうしたところ、出てきた名前は・・・

卑弥呼/聖徳太子/中大兄皇子
藤原鎌足※/藤原不比等
藤原道長/藤原定家*/鑑真*
足利尊氏/足利義家/足利義満
平清盛/源頼朝/源義経
織田信長/明智光秀/豊臣秀吉/石田三成
毛利元就/武田信玄
徳川家康/徳川吉宗/徳川綱吉/徳川慶喜
坂本龍馬/勝海舟/西郷隆盛
岩倉具視/板垣退助/伊藤博文

というラインナップ。
※を書いたときに娘に
「ナカトミだよ〜〜」と言われ、
あ、そうだったそうだった、
なんでも藤原にしちゃいかんと思った私なのだが、
この点はあとで解明した。

次に、保存してあった娘の中学校の教科書で確認しながら、
太字レベルの人名を取り上げてみた。

卑弥呼/蘇我氏/聖徳太子/中大兄皇子/中臣鎌足
天智天皇/天武天皇/聖武天皇/鑑真*
桓武天皇/藤原氏/藤原道長・頼通/平将門/藤原純友
平清盛/源義朝/後白河上皇/源頼朝/北条氏
泰時/北条時宗/後醍醐天皇/足利尊氏
足利義満/織田信長/豊臣秀吉
徳川家康/家光/徳川綱吉/徳川吉宗
松平定信/水野忠邦/阿部正弘
井伊直弼/西郷隆盛/木戸孝允/坂本竜馬
岩倉具視/徳川慶喜/板垣退助/大久保利通
中江兆民/大隈重信/伊藤博文/陸奥宗光/小村寿太郎
田中正造/吉野作造

何人かは見落としているかもしれないが、
だいたいこんな感じ。

もちろん、太字レベルではない人も入れると、
もっと多くなる。

ちなみに中臣鎌足はのちに藤原になったらしく、
たまたまだったかもしれないが、
とりあえず間違いではなかったらしい。

教科書を見ながら、
「そうそう、いたいた」
と思う人もいれば、
「・・・だれ?」
と思う人もいた。

で。

ハハは思ったのです。

「中学レベルなら十分じゃない!?」と。

で。

ハハはさらに思ったのです。

中学校の教科書レベルのことを
なんとなく知っていても、
歴史オンチにかわりはないな、と。

なんというのか、もっとエピソードっぽいの
ほしいんだな、きっと。

ただ、中学校の教科書で太字レベルなのに
名前が出てこなかった人たちというのは
やっぱり自分のなかで弱いところなのかもしれない。

ってか、親子ブログなのに
単に私の話になってるし。
 

[追記] 

*考えてみれば鑑真は宗教関係、

 定家は文化関係かな?

 2017.09.28 Thursday 12:19 歴史 permalink  
歴史に関するハハの弱点
誠にお恥ずかしながら、私は歴史に大変疎い。
謙遜なく半端なく疎い。

ここに書けないくらい衝撃的なエピソードもあるのだが
書けないレベルなので書けない。

書けるレベルとしては、
かつて「ちゃちゃ」と「ねね」の
どっちがどっちかわからないという
できごとがあった。↓
「ちゃちゃ」「ねね」「春日局」

これが “書けるレベル” なのだから、
どれくらいの疎さなのか伝わることと思う。

その後も状況は変化しておらず。

疎くてものすごく困ることはないけれど、
さすがにまずいと思うことはある。

幸い、身近にいる娘が割と歴史好きなので、
機会があれば手をさしのべてもらっている。

で、最近、ちょっとした機会があり、
うちにある歴史マンガを久しぶりにのぞいているのだが、
私が歴史に疎くなるひとつの弱点を
再確認する思いだった。

「ちゃちゃ」と「ねね」の件からもわかるように、
人名を覚えるのがとても苦手なのだ。

たとえば、光秀と三成のだいたいの区別はついているのに、
話をしていると名前がごちゃごちゃになってしまう。
ミツの音にひっぱられてしまう。

そんな、名前を覚えられないという弱点を再確認したのが
木曽義仲のマンガを読んでいたとき。

まず、「為義」「義賢」「義朝」がもうわからない。

しかしこれは「義朝」を「頼朝」につなげてクリア。
(この点については娘からの助言をもらった気がする)

それに「兼遠」「兼光」「兼平」が重なっていき、
「兼光」「兼平」の区別はあきらめる。

巴御前だけはわかりやすくてよかった。
ほらね、名前に特徴があると覚えやすいのよー。
そしてこのあと「頼政」「行家」と出てきて、もうお手上げ。

マンガで読みやすいはずなのに、
何度も前にもどらなくてはいけない。

ちなみに絵の描き分けで見分けるのも
あまり得意ではない。
だってみんな格好が似てるんだもの…。

さらに、そういう表面的(?)なことのみならず、
最後では、なんで命の恩人の斎藤実盛が
敵将になってんのよ!?
という謎にまで巻き込まれ
思考停止状態に陥るのだった。
(自分の読み間違いかどうかさえわからない)

そういえば話はとぶけど、
私にとって島津といえば斉彬。
なので、石田光成の本に島津義久が出てくると、
島津の名が出てきたとたん
幕末にワープしそうになる。

また、現在、大河ドラマはまったく見ていないけれど、
井伊といえば直弼なので、
その他の井伊さんが出てくると、
やっぱりワープしそうになる。

娘が歴史が好きなのは、
「人物」から入るからなのだけれど、
ハハの場合、その存在を
文字通り「名前」で識別しようとして
そこがおさえられないと
人物関係があいまいになるどころか、
歴史の流れが平気で数百年とぶという
事態に陥るのだった。嗚呼。
 2017.09.24 Sunday 13:31 歴史 permalink  
この夏のわが家の娯楽/将棋・麻雀・囲碁ゲーム

ごたぶんにもれず、藤井四段の活躍で将棋に興味をもった私。

何しろルールさえ知らずにこのトシまできたので、
これを機会に少しやってみようか・・・と思いたち、
夏のはじめに、PCのゲームソフトを購入した。

AI将棋なるものにしようかとも思ったが、
この際だから麻雀と囲碁もやってみようかということで、
3つとも入ったやつを購入↓
100万人のためのお得セット 3D囲碁・将棋・麻雀

夏のあいださんざん遊び、いまも遊んでる。

将棋のほうはレベルが100段階あるのだが、
最初のころはレベル1でさえすぐ負けていた。

駒の動かし方はわかっても、将棋の指し方がさっぱりわからない。

で、ありがたいことに「ヒント」や「待った」もあるので、
ヒントで勉強したり、待ったを使いまくったりして、
ようやくいま、レベル10まできたところ。

「待った」あり「ヒント」なしで先手・後手勝てたら
次のレベルに進むことにしている。
「待った」なしじゃとても無理。

ちなみに、ネットで調べて、美濃囲いとか矢倉囲いとか
四間飛車とかなんとかのあれこれも少し学んでいるが、
なんの利点があるのかいまだにわかっていない。

そういえば穴熊だけはきいたことがあり、
どういう状況かということだけはわかった。

囲碁は、将棋以上にさっぱり打ちかたがわからず、
何をやっているのかもよくわからない状態だったが、
「形勢」なるものを見ながら小さい盤で繰り返し練習するうち
全体として何をすればいいのか
ほんの少しわかってきたような気がする。

麻雀については、子どものころ
家族麻雀を少しやっていたので、
ある程度のことはわかっていた。

ゲームだとラクだな〜〜としみじみ思う。
並べなくていいし、配ってくれるし、
ポンやチーやリーチやロンを教えてくれるし。
点数の計算もしてくれるし。

麻雀ゲームをやっていると、
父のことをよく思い出す。
1局終わると洗濯で席を立つ母のことも。

で。

娘もときどきやっているのだが、
こういうのって、性格というか特質というか、
その人の「ものへの向かい方が出るんだなーー」と
しみじみ思ったこの夏。

まず、将棋。

娘ったら、相手の王将以外の駒をすべてとって勝った。
もちろん、そんな勝たせ方をしてくれるのはレベル1なのだが。

将棋と囲碁は、棋譜の保存・読込ができるので、
保存してあったその一局のプロセスを
見せてもらった。

王将が「えっ、えーーー!?」と言っているのが、
聞こえてくるようだった。
とった駒が駒台にずらりと並んでいる。

その後、全駒なる言葉を知ったのだが、
もちろん娘、いじわるでそんなことをしたわけではない。

そして麻雀の場合はといえば、娘、鳴きまくるの図。
もらえるものはなんでももらう精神。

しかも、索子がある程度そろっていたら、
緑一色を目指す。

めったにできるもんじゃないよ〜〜
と言ってあるのだが、
なんか目指したいらしい。
気持ちはわかるけど。

そういえば確率はどれくらいなんだろう。
大昔、調べたことがある気がするけど。
ちなみにこれまで自分があがったなかで、
いちばん頻度が低そうなのが、
大三元か十三不塔ではないかと思う。

役については、ネットから一覧表を見つけてきて、
プリントアウトしていて、
あがったものに印をつけてる。

なんとなく、お得感があるやつと、
割があわないやつがある気がする。

九種九牌のときには流さずに、国士無双を狙うけど、
あがったためしがない。


・・・って。


こんな人生でいいのだろうか?

という問いには、
一呼吸おいて「いい」という答えが
自分のなかで返ってくるが、

こんな背中を見せていていいのだろうか…?

という問いには、
五呼吸くらいおいて
「…よくないんじゃない…?」という答えが
語尾上がりで返ってくる。

どうしたものか。

でも、娘から、ママはいいいなー、幸せそうで…
と言われることがよくあり、
幸せそうならいいんじゃないかという気がしないでもない。

いずれにせよ、いまはこれ以外の背中が
見せられそうにないので、しかたがない。

 2017.09.15 Friday 11:14 娯楽 permalink  
カテゴリー番号変更のお知らせ

カテゴリー番号が変わりました。

------------------------------------------------------------------------

http://kodomo.artet.net/?cid=56052 を訪問しようとしてくださった方ヘ

「かけ算の順序」関係の情報をお探しでしたら、こちらにあります↓
http://kodomo.artet.net/?cid=14

その他、算数についての話題はこちらです↓
http://kodomo.artet.net/?cid=8

 2017.06.25 Sunday 14:10 お知らせ permalink  
ブログ名変更

続くかどうかはまったくわからないけれど、

ひとまずブログ名を変更することにした。
「こどものちかく、親子でちょっとトーク。」のあとに
「そして高校生」を追加。
もう高校生ですわよー
 2017.04.01 Saturday 17:44 お知らせ permalink  
ハハのイゲン
娘「ママって、母親っていうより、友だちみたいだよね」

母「すんませんね〜、威厳がなくて」

娘「なんか対等なんだよね。その対等な感じが威厳なんだよね」

母「・・・」



なんか深いこと言われたんだろうか。




 
 2016.04.30 Saturday 21:12 親子談義 permalink  
証明の「仮定」が納得できないらしい
娘が「仮説」について聞いてくる。

なんだか釈然としない様子。

しかも数学の話であるらしい。

「ん? 数学に仮説は出てこないでしょ…」

と思いながらよく聞いてみると、
どうやら「仮定」のことを言いたかったもよう。

そういえば冬休みの宿題で、
図形の証明をいっしょにやったっけ。
そういう時期になったんだー。

証明するまえに、
問題文から仮定と結論を読み取るわけだが、
その「仮定」が納得いかないらしい。

娘の言い分はこう↓

 なぜそんな不確実なものをもとにして考えるの?

・・・・・。

私「いやだから、そうだとしたら、ということだよ」

娘「そうだとしたらということは、
  そうかどうかはわからないってことでしょ?」

母「いや、そうなの。いまはそうだとわかってるの。
  そうだとしたら、どうなるかってこと」

娘「じゃあ、そうですっていってよ」

母「いってるよ、問題文で」

娘「じゃあ、なんで ″仮” なの?」

母「・・・・・」


私はなんと説明すればよいのでしょう。
 2016.01.30 Saturday 13:07 算数・数学 permalink  
心の稼ぎ
少し前のことになるが、noteで
「無」がない話というテキストを書いた。

できるだけ平易に、
なおかつ間違いがないようにと
それなりに気を遣って書いたのだが・・・
(参考にしている本の内容と
 齟齬がないようにという意味で)

できあがってみれば、
あまり平易でもなかったし、
このくらいのものなのかぁ…
と思う仕上がりだった。

でも、書きたいことは書けたし、
気持ちが先につながったから、
書いてよかったと思う。

いつもはだいたいの下書きができると、
PCの画面上でチェックしながら整えていくのだけれど、
あの文章は参考文献もあったし
あちこちから話をもってきていたので、
プリントアウトしたうえで、
赤ペン片手に確認作業を行った。

「仕事かよ〜〜」

と半ば自嘲しながら。

もしかしたら、
「何の稼ぎにもならないのにねぇ」
という内容のことを口にしたかもしれない。

そうしたらそばにいた娘が、
こんなことを言ったのだ。


  「でも、心の稼ぎになるから、
   無駄じゃないんじゃないの?」


「糧」という言葉は聞いたことがあっても、
「心の稼ぎ」という言葉は初めてきいたので、
新鮮だった。

ちなみに note はコンテンツに課金できるので、
自分の文章に値段をつけて売ることもできる。

もちろん、売れるかどうかはわからないのだが、
「一銭にもならない」可能性を消すことは可能だ。

かつては私も、テキストや、
テキストを束ねるマガジンに
課金していたことがある。

そして、買っていただいてうれしかったこともある。

だけどその後は課金していない。
noteで課金することは、
しばらくないだろうと思う。

 自分独自の合理的判断!?に基づいてのことです。
 居候状態でプラットフォームを使わせてもらって
 申し訳ないなぁ…という後ろめたさが
 まったくないわけではないのですが。

なお、課金したことを後悔はしていないし、
買っていただくというのはやっぱりうれしい。
そして、課金したから公開できた文章もある。

でも、あのテキストは無料で公開したかった。

ちなみにいま書いているこの記事は、
「お金がすべてじゃないよね」
「お金より大事なものがあるよね」
ということが言いたくて書いたわけじゃない。

もちろん、
「すべてではない」
のは言わずもがなだが、
お金は大事だ。
 
そういう話ではなく、
娘が使った「心の稼ぎ」という言葉が
面白かったのだ。

「心の糧」という言葉は名詞的だが、
「心の稼ぎ」という言葉は動詞的で、
行動が感じられて面白い。

心の糧も、稼いでこないと
無尽蔵じゃないのかもしれないね〜!
 2016.01.12 Tuesday 17:07 言葉・発想・行動 permalink  
人はだれでも
娘が、「また、だれかの絵を描きたい」という。

だれかというのは、数学の人とか、歴史上の人物とか。
ルターさんからブルーノさんまで、イメージで描いてみたらしい。

なので、数学者の岡潔を推薦したところ、できあがったのは・・・


 


私が「若い若い、若いよ〜!」と言うと、娘いわく


  人はだれでも若いときがあるんだよ。


・・・です。


偉人は「よく目にする写真」が、
その人になってしまうのだった。

 
 2015.12.13 Sunday 14:08 言葉・発想・行動 permalink